創造療法(パート1)とこれからの私の課題

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 15:12

皆さま、こんにちは

癒しと休息のヒーリングサロン プリエールの桜岡ですニコ

いつもお読みいただきましてありがとうございます乙女のトキメキ

 

先週末、山梨まで創造療法トレーニングに行ってまいりましたキラキラ

まぁ、とにかくご飯が美味しかった!

実はご飯が楽しみで行っているという感じですねキョロキョロ

毎回、古民家カフェに伺ってランチをいただくのですが

お料理が出てきたときには「ふわ〜ラブラブ」っと感動してしまって写真を撮るのを忘れてしまいますあせる

トレーナーさんのご自宅の近くにまた新しくカフェが併設されたレストランができたりして、ミルクティーとクッキー、スコーンを購入したり、本当にカフェが美味しい山梨ですね。

宿では明るい女将さんがいて、甲州牛のステーキ、虹鱒のお刺身をいただきました。

楽しい時間でしたおねがいありがとうございます。

 

◇◆◇◆◇◆◇

 

肝心の創造療法トレーニングですが、なんといいますか、創造療法はリーブス仲さんの強い思いといいますか、意向が深く深く刻み込まれているワークでありセラピーであり、初日の授業では「これを受講した私は場違いだったのではないか・・」といったような気持ちになりました。

 

あまりにも、私がこれまで経験したことがないワーク、セラピーだったので・・・というのも、これまで創造療法を沢山受けてきていたけれども、受けるのと提供するのとでは、まったく違った!というところだったのです。

 

受けている時には、自分の潜在意識の中のものを表現するというのは当たり前のことで、昔からやっていることだったので「気持ちいいな〜」ぐらいにしか思わなかったのです。。

 

でもそれは、パワフルだしスペシャルだし、私が提供しているものと正反対のワークでした。

 

だから最初はとても抵抗しまして、「私には本当に必要だったのだろうか・・」と思い悩むほどで、二日目の講習中も少し上の空といいますか、そうした怒りにも似た葛藤をトレーナーさんに投影しまくりで、「申し訳ないなぁ・・」と苦しい気持ちでいました。

 

やっぱり、仲さんといえば錬金術なのですが、そうした錬金術の要素の強いワークなんですね。

 

習ったことを、トレーナーさんをクライアントさんに見立ててやらせていただいたのですが、「創造療法をやる」となると、自分が勝手に創造療法モードになりまして、ほとんど何も考えることなくトレーナーさんの描くものや動きやトレーナーさんに起こっていくことを眺めておりました。

 

どうしてこんな感じになるのだろう・・と思っていると、セラピスト側はクライアントさんを「神」として見ているわけなんですよね。

 

目の前のクライアントさんは「なんでも知っている神である」という存在で、神を前にセラピストは何も考えることもなく、ただ感じたことを伝えたり、その方が自分のなかのものを表現しやすいように進めたりしていくだけ・・・ということだったのですねぇ。

 

セラピストは自分の存在感を使って見つめるだけなのですね。

それがバイフォーカルビジョンというものです。

(その人の無意識にあるシャドウや霊的な課題と人間的なその人を見つめている状態)

 

そうした特殊でスペシャルなワークを習得したとき何が起きたかというと、これまで私が行ってきた丁寧で人間的で手間のかかるワークはいったいなんだったのだ・・という衝撃でした。

 

私は、これまでやってきたワークを行っていきたかったのに、なんでこうした難しくて対極にあるワークを習得してしまったのだろうと思いました。

 

確かに、創造療法はとても素晴らしいワークで、とても必要なものなんだけれども、でもこれだけでは人間は納得していくことができないというところなのです。

 

私は、それにずっと気付いていたからこそ今の私のカウンセリングやワークの形態が出来上がってきました。

 

それはきっと私のカウンセリングを受けてくださった方はよく分かっていただいているはずです。

 

だけれども、創造療法が必要な方というのは沢山いらっしゃるのですよね、きっと。

 

そうしたことをふまえてトレーナーさんに何度か相談させていただくと、トレーナーさんもそこのところを分かってくださっていて、「創造療法は創造療法で、ともこさんのワークはともこさんのワークで分けてやっていきましょう」となりました。

 

当初は、混同してやっていくことを考えていたのですが、あまりにも対極すぎる概念だったので、たぶんクライアントさんも混乱するだろうということで。。(ここは私の考えでもありますが)

 

クライアントさんを「神」として見ることも必要なときがあるけれども、けれどもやっぱり私達は人間なのだから「娘(息子)」としてだったり「母(父)としての顔」だったり、「妻(夫)の顔」など、そうした人間としての色々な側面をセラピストに見てほしい、またはセラピストに投影してそうした役割として大事に扱ってほしいなど、願いがあると思うのですよね。

 

そうした願いは、それを叶えてくれるカウンセラーに会えて成就できたときに、初めて、そこにあった問題や拘りが解消されていくのです。

 

だから最初からその人を「神」として見ることは私がやりたくなったのです。

 

今回の講習を通して感じたことは、やはり「観る」ということなのだと思いました。

 

こちらがどういった状態になり、その人を観ていくのか。

 

これから私が開発したヒーリングエネルギーの伝授なども行っていく関係で、また創造療法を学んだことで、どんどん私がやりたかったことが明確になり、その対極にあるそれぞれの良さを発揮させながら提供していきたいと考えています。

 

自らの中の「神」を体験するスペシャルな創造療法セッションについての詳しいお話などは、また後日掲載したいと思います。

 

 

{9EFC1DC5-C82B-4416-B203-BC3AD5999C14}

トレーナーさんのご自宅に伺うと、なぜか箱庭療法の準備が…

実は私は箱庭療法がとても好きなので一応ご用意してくださったとこのこと。

でも創造療法のパート1では学びません。

そうは言っても描画ワークの実習ではやっぱり箱庭みたいに道具を使ってしまいました…

 

{B0CF3FD0-A4AB-4CE7-89E4-7DB9EB06E390}

 

森(庭)には自家製のブランコ

 

{CC4E7105-BCB5-4D0F-92FF-D171AC50FBC0}

 

自家製の滑り台

 

{0FA752AE-8F2B-4048-B6C7-753E554EAD7A}

 

宿に行く途中に寄った萌木の村

 

{51E07A86-09EB-4C0C-8F2A-F0D964F830FE}

 

 撮影でもよく使われるというメリーゴーランド

ちょっと幻想的でセンチメンタル

 

 

 

はーとメルマガやってます♪

 

花セッションメニューはホームページをご覧ください

※どのセッションを受けたらいいのか分からない方はコンサルテーションをお受けください

キラキラ症状やご希望などを添えてお問い合わせいただきましたら、最善のワークやセッションをご提案させていただきますキラキラ

 

 

クローバー5月のご予約可能日(対面・通話セッション・講習会など)

※こちらの日程の他にも承れる場合がございますのでお急ぎの方はご相談ください。

 


メールお問い合わせはプリエール事務局までお気軽にご連絡ください

⇒ キラキラ専用フォームはこちらからキラキラ

(salon.de.priere@gmail.comから着信できるように設定をお願い致します)

 

キラキラ症状やご希望などを添えてお問い合わせいただきましたら、最善のワークやセッションをご提案させていただきますキラキラ

 

プリエール 桜岡ともこ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 〜あなたが到達したい場所までの人生の地図〜「今ここ」であなたの最善の癒しが起こる祈りの瞑想会開催
    ムーンソープ (07/04)
  • 〜あなたが到達したい場所までの人生の地図〜「今ここ」であなたの最善の癒しが起こる祈りの瞑想会開催
    まっちゃん (07/02)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM